読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

携帯料金を確実に節約できる専用カードでポイントをGETして通信費削減

携帯・スマホ・通信節約 クレジットカード節約

スマホ代をポイント獲得して確実に節約できる

f:id:yone__yasu:20160302105121p:plain

大手キャリアのスマホを契約されているかたは、プランを見直したり不要なオプション契約を外したりと、通信費の削減を工夫されていると思います。

なにか他にスマホ料金をもっと節約できるところがあるのではないかと…

3大キャリアが展開しているポイントサービスに注目

各キャリアにはポイントのサービスがあります。このポイントは専用のカードを利用することでポイントが貯まる

昔から、毎月の使用料金に対してポイントが貯まるシステムはありましたが、その貯まったポイントを機種変更の端末代・携帯アクセサリー・通信費用などに交換ができました。

そのポイントはキャリアの通信料から獲得をしてキャリア内で使用することしか出来ませんでしたが、現在は変わり専用カードの利用・提示を提携や加盟店でポイントを使ったり貯めたりすることが無駄なくできるのです。

このように専用カードを上手く利用することで沢山のポイントを獲得ができ、携帯代としてポイントを使用することで通信費用の節約になります。

docomoのポイント

f:id:yone__yasu:20160227182654p:plain

ドコモは2015年にローソンと提携をして、今までのドコモポイントPontaポイントも貯めることが可能となっています。

ココで専用カードが必要となり、そのカードがdカード(DCMXカードを利用した節約になります。

このdカード(DCMXカードは、年会費が初年度は無料で翌年から会費が必要となるのですが、1回でもカードを利用することで、次の年度も会費が無料なるサービスをしており実質無料となります。

dカード(DCMXカードをローソンの買い物で利用すれば、3パーセント引きとなるなります。

f:id:yone__yasu:20160302110704p:plain

ショッピング・クレジット決済・Pontaの提示でトータルで5%の還元になります。

もともとローソンではPontaカードを提示することでご来店ポイントのサービスがありローソンの買い物の支払い時にPontacardの提示を言われたことがあるのではないでしょうか。

そんなローソンでの買い物を現金払いからdカード(DCMXカード)払いに変えることで、ポイントが貯まっていきます。

そのPontaカードに貯まったポイントをdポイントに集約をすることで携帯料金の支払いに利用できるので通信費用の節約になります。

さらに東京電力はPontaポイントとTポイントを導入したので、どちらかを貯まるようにするかの選択が必要となる。

なのでdocomoユーザーの方はPontaポイントに選択をして、dカードで電気代を支払うことでポイント2重取りも可能となります。

とうぜん、dカードを利用した支払い全てにdポイントが付与されるので、docomoユーザーでクレカを利用するならdカードを使用することでポイント面ではかなりお得に貯まります。

支払いや購入で使用するクレジットカードをdカードに替えることでポイントが貯まり増えたポイントはスマホ料金として使用できるので節約につながりますね。

※2015年12月以降はDCMXカードはdカードに名称変更しています。

※Pontaポイントとdポイントは相互交換が可能です。

※dカードでPontaカードと提携・加盟しているお店で買い物をすればdポイントは2ポイント貯まります。

※クレカの使用はdカードの場合になります。

詳しくは公式サイトへ dポイント 東京電力 docomo

auのポイント

f:id:yone__yasu:20160227182656p:plain

au WALLETはプリペイド式電子マネーでauユーザー専用となりMasterCardのクレジットカードからチャージが可能となります。

au WALLETを利用した買い物で0.5%の還元なので200円に1ポイントが貯まる。

貯まったポイントは1ポイント、1円でチャージが可能

au専用ながら利用者が多く、auの料金とチャージ代金をまとめ支払うことができる「auまとめて決済」2重取りとなる、WALLETポイントとチャージでのポイントをゲットすることになるので大量ポイントのチャンス!

f:id:yone__yasu:20160302120444p:plain

また、じぶん銀行を利用すればさらに効率よくポイントが貯めれる。

じぶん銀行は三菱東京UFJネット銀行と提携しており、毎月の貯金残高によりポイント還元もある。

なので、auユーザーはじぶん銀行を利用して買い物はau WALLETで支払い携帯料金と一緒にまとめて決済することで、大量のポイントが付与される可能があるのです。

※MasterCard加盟店でau WALLETの利用が可能

au WALLETはVISAもあります。

詳しくは公式サイトへ au WALLET じぶん銀行 au

softbankのポイント

f:id:yone__yasu:20160227182657p:plain

ソフトバンクカードで2重取りできるポイント

このソフトバンクカードはVISAブランドの電子マネーでTポイントが貯まるようになってます。

なのでTポイントに提携しているお店にVISA加盟店であれば1.5%のポイントがもらえるのです。

そして効率よくポイントを貯めるには携帯料金とチャージする代金を一緒にできる「まとめて支払いチャージ」が良い!カード決算と買い物でポイントが2重取りとなるのでお得に貯まります。

f:id:yone__yasu:20160302115517p:plain

カードに現金をチャージしてショッピングで使用もでき月々のスマホ代も支払える!

ソフトバンクカードは年会費無料で、ソフトバンク契約者のみ利用が可能となるカードなので、VISAのクレジットカードを利用していてソフトバンクユーザーは、ソフトバンクカードを持ち利用することでポイントがたまり節約になるのです。

簡単に言えば、SoftBankのVISAで利用できる電子マネーですね!

面倒くさいチャージも金額設定をしてオートチャージ化も可能なので手間いらず。

VISAのプリペイド式電子マネー

※ソフトバンクカードはVISA加盟店とTポイント提携しているお店で利用できます。

※Tポイント提携店で使用するとポイント2倍

詳しくは公式サイトへ ソフトバンクカード Tポイント ソフトバンク

キャリア各社はポイント企業と提携をしている

各キャリアの専用カードを利用することでナン倍とポイントを貯めれることができます、通信費用は貯まったポイントで支払いをすれば節約にもなります。

なので大手キャリアを利用していて、専用カードを持ってない方は、多くもらえるポイントをムダにしているので検討されてみてはいかがでしょうか。

キャリア替えをするときは

MNPや新規契約のときに専用カードの手続きも一緒にできますので、ぜひ上記に記載したお得にポイントを貯めれる方法をお忘れなく!

yoneyasu.hatenablog.com