読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IPHONEで格安simを利用する方法!

Apple節約 携帯・スマホ・通信節約

格安SIMをiPhoneで使いたい!どうすればいいの?

f:id:yone__yasu:20160521152625p:plain

高齢者のスマホ・タブレットの利用者が急増中みたいです。

スマホのアプリ、LINEなどのゲームに課金をして月10万円も使う高齢者に、LINEスタンプを作成して月12万円稼いでいる高齢者が居られるのも驚きです。

 

f:id:yone__yasu:20160521153948p:plain

画像元>> 総務省インターネットの普及状況

この数年でスマホにタブレットの利用者が増えているのが上記のグラフでわります!

この急速に利用者が増えた数の中に、Apple製品のiPhoneを利用しているなかで、どいれだけの人数が格安SIMを利用しているのでしょうか!

iPhoneのSIM

iPhoneで格安SIMを利用する場合、まず知っておきたいのはSIMのサイズです。

f:id:yone__yasu:20160521160528p:plain

iPhone5/5s/5c/6/6Plus/6s/6sPlus/SE はナノSIMになります。

そしてiPhoneで格安SIMを利用する場合、iPhoneで使えるSIMを扱っているMVNOをまず、探さないといけません。

※ iPhone3/4はnano-simではありません。

iPhone対応SIMを取り扱いしている業者

f:id:yone__yasu:20160521170334p:plain

画像元>> Apple iPhone

MVNOサービスの事業者数は「総務省のデータ(平成27年3月31日付け)」で、175社となるみたいです。

MVNOサービスの事業者で、iPhoneの動作確認がされている格安SIM業を、わかる範囲で絞ってみると!

 イオンモバイル  OCNモバイルONE  GMOとくとくBB 
 mineo  FREETEL  U-mobile
 NifMo  BIGLOBE>  UQ mobile
 Fiimo  DTI SIM  DMM mobile
 IIJmio  Y!mobile  楽天Mobile
 So-net  b-mobile  BB.excit#
 Wonderlink  hi-ho  AsahiNet
 SkyLinkMobile  G-Phone  モバイル4G/D

※ 他にも沢山の格安SIM業者が存在します。

格安SIMのMNP方法

f:id:yone__yasu:20160525120218p:plain

大手キャリアを利用している場合は、まず乗り換え(MNP=モバイルナンバーポータビリティ)の手続きが必要となります。

1、契約中の通信会社にMNPの予約申込みをしてMNP予約番号を受け取る。

2、利用したい格安SIM業者にMNP番号を伝えて、新規契約の申込みをする。

3、格安SIM業者が求める本人確認の書類を提出して審査。

4、回線切り替えをしてSIMを差し替えて利用できるようAPN情報の設定。

乗り換え手続きはWEBか携帯・一般電話で可能!

docomo WEB My docomo 24時間
携帯電話 151 9時~20時
一般電話 0120-800-000
au WEB お客さまサポート 9時~21時30分
携帯電話 157 9時~20時
一般電話 0077-75470
Softbank WEB お客さまサポート 9時~21時30分
携帯電話 *5533 9時~20時
一般電話 0800-100-5533

乗り換えで端末代を節約したい!

MMD研究では、スマートフォンの端末代にいくら支払ってよいかの調査で、10,000円~30,000円台が最も多く平均で26,450円と調査データがあります。

とうぜん、スマホ代や通信費を安く抑えたいとおもうので、大手キャリアから格安SIMに乗り換えのとき、現在使用している端末をそのまま使いたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。

SIMロック解錠について

2015年5月以降のスマホはSIMロック解除の義務化が開始されているので大手キャリアに、要望すればロック解除できます。

ネットから自分でSIMロック解除の手続きをすれば無料で可能ですが、電話・店頭窓口で依頼をすると、各キャリア3,000円の手数料が必要となりますので、スマホ代節約のためにもSIMロック解除は自分で手続き進めたほうがお得です。

利用されている端末がSIMロック解除対応端末か一部ではありますがこちらで確認できます>> Docomo・SoftBank・au対応機種一覧

おすすめしないロック解除方法

現在、利用しているiPhoneがSIMロック解錠に対応している端末であれば、そのまま格安SIMの乗り換えで使用できますが!

どうしても、SIMロック解除に対応してないiPhoneを利用したい場合は、こちらの方法があります。

・高いお金を払って業者にロック解除をしてもらう方法
・安価に手に入るSIMアダプターを購入して差し替える方法

ですが、お伝えした2つの方法は端末に何か問題が起きた場合、保証対象外となりますので、よく考える必要があります。

iPhone利用者は国内No.1

現在、利用している端末調査で1位が「iPhone」で56.1%と多く、2位で「xperia」で14.1%と1位と2位の端末利用者数にかなり開きがあります。

情報源>> MMD研究所

3月に登場した「iPhoneSE」を、私は正式発表から少し遅れて注文をして手元に届くのに1ヶ月以上かかりました。

国内でiPhoneSEを求めた人が多く、人気で在庫が足りずに遅かったのかは不明ではありますが…

発売予定の、iPhone7(仮)では「新型iPhoneに買い換えたくなる革新的な機能を搭載する」と発言されているので、iPhone人気はまだまだ続きそうですね!

次に、登場するiPhone7(仮)の購入を検討していて早く手元に欲しい方は、予約開始日に手続きをすることをオススメします。

iPhone7(仮)

iPhoneの利用でオススメできる格安SIM業者

docomo回線 IIJmio
DMMmobile
OCNモバイルONE
U-mobile
DTI SIM
イオンモバイル
au回線 mineo
UQ mobile
Fiimo
SoftBank回線 Y!mobile

携帯電話会社から乗り換えをする場合、ご自身に合ったサービス内容と料金を提供している格安SIMであるかが重要になってきますので、他の格安SIMや上記で案内しているオススメ格安SIMと比べて検討してみてください。

大手キャリアから乗り換えでiPhoneを格安SIMで利用する場合、SIMロック解除の手続きが必要になりますのでお忘れなく!

iPhone7 予約・発売日!デザイン・スペック最新アップル情報まとめ